人気スタイリスト乾千恵さんが選ぶ
着まわし優秀ニットと
秋のコーディネートをご紹介します。

#01
Box Knit
圧縮BOXニット
¥10,000

カラー展開が可愛いニット。オーバーサイズのリラックスした着心地が魅力的な1枚。

delivery:11月下旬
+ pants
point:ついつい暗い色ばかりになってしまうこの季節、ワードローブに新鮮な風を入れてくれるキレイ色ニット。いつもならデニムを選びがちですが、茶系流行りの今年だからこそ、あえてこげ茶のコーデュロイパンツに。ニットとトーンを合わせてあげると意外と馴染みます。しっかりとした色合わせなので、小物は白で抜け感を。スニーカーならワイドパンツのボリュームにも負けずバランスもとりやすくなります。
  • KNIT¥10,000(+Tax) / SLOBE IENA
  • PANTS¥8,000(+Tax) / SLOBE IENA more
  • SHOES¥12,000(+Tax) / CONVERSE
  • BAG¥11,000(+Tax) / KASSIOPEA more
  • STOLE¥14,000(+Tax) / GLEN PRINCE
  • GLASSES¥3,900(+Tax) / NO EYEDIA more
+ skirt
point:カラーニットの魅力はなんといってもボトム次第でガラリと印象が変わること。今年らしいプリーツスカートと合わせてあげると、グッと女性らしい印象に。ただ、レディはレディでも今どきレディを目指すなら足元カジュアルが鉄則!ソックス&ペタンコレースアップシューズで万全なおしゃれを楽しんで♡
  • KNIT¥10,000(+Tax) / SLOBE IENA
  • SKIRT¥14,000(+Tax) / SLOBE IENA
  • SHOES¥13,000(+Tax) / MARION TOUFET
  • BAG¥27,000(+Tax) / GIORGIA MILANI more
  • HAT¥7,000(+Tax) / SORBATTI more
  • BRACELET¥16,000(+Tax) / manipuri more
  • TIPPETT¥10,800(+Tax) / HELEN MOORE more
#02
Dolman Sleeve Knit
畦変形ドルマンニット
¥12,000

程よい抜け感があるボトルネックや、ドルマンスリーブが女性らしさを引き立てます。温かみのあるソフトな肌触りはこれからのシーズンに大活躍間違いなしのアイテムです。

delivery:11月中旬
more
+ pants
point:畦編みのカジュアル感を楽しみたくてボトムはデニムをセレクト。1枚でサラッと着るよりも、シャツを挟んであげることでコーディネートにリズムが生まれ、こなれた印象に。今年なら断然キャスケット合わせ♡︎
  • KNIT¥12,000(+Tax) / SLOBE IENA more
  • SHIRT¥8,000(+Tax) / SLOBE IENA more
  • PANTS¥10,000(+Tax) / SLOBE IENA more
  • BAG¥12,000(+Tax) / HASHIBAMI more
  • CASKET¥7,500(+Tax) / SLOBE IENA
  • SHOES¥15,000(+Tax) / AJJS more
  • STOLE¥9,800(+Tax) / MOON more
+ skirt
point:鉄板のボリュームトップス×細身ボトムのバランス。今までなら細身のパンツでしたが、時代がキレイめに回帰し始めている今季ならタイトスカートが気分。パンプスだとコンサバ感が一気に上がってしまうので、ショートブーツが◎
  • KNIT¥12,000(+Tax) / SLOBE IENA more
  • SKIRT¥11,000(+Tax) / SLOBE IENA
  • SHOES¥19,800(+Tax) / AFFRANCHIE SLOBE more
  • BAG¥27,000(+Tax) / DUU more
  • BRACELET¥14,000(+Tax) / MAISON BOINET more
  • SCARF¥7,800(+Tax) / manipuri more
#03
Volume Sleeve Knit
畦ボリュームスリーブニット
¥10,000

トレンドのパフスリーブニット。フェミニンな印象のニットは、1枚で様になること間違いなし。スカートでもパンツでも合わせやすい優れものです。

delivery:11月中旬
+ pants
point:まだまだ続く人気のワントーンコーディネート。同系色で楽しむコツは、あえて素材感の違うアイテムを合わせてあげること。単調な印象になることなく、グッとオシャレな印象に。パールやハット、スカーフなどトレンドの小物をふんだんに使ってもしつこく見えないのはワントーンコーデだから成せる技。
  • KNIT¥10,000(+Tax) / SLOBE IENA
  • PANTS¥9,000(+Tax) / SLOBE IENA more
  • SHOES¥11,000(+Tax) / MARION TOUFET more
  • BAG¥13,000(+Tax) / PELLETTERIA VENETA more
  • HAT¥6,000(+Tax) / SORBATTI more
  • NECKLACE¥25,000(+Tax) / PEARL INTERNATIONAL more
  • SCARF¥11,000(+Tax) / manipuri more
+ skirt
point:今年、絶対に手に入れたい花柄ワンピ。インに薄手のニットも可愛いですが、今年は「ゆる×ゆる」のシルエットで楽しんで。一見、難しく思えるシルエットですが、ざっくりしてるけどコンパクトなニットなので難なく着こなせます。足元はバレエシューズでほんのりカジュアルだけど女性らしい装いに。
  • KNIT¥10,000(+Tax) / SLOBE IENA
  • ONE-PIECE¥18,000(+Tax) / SLOBE IENA
  • SHOES¥11,000(+Tax) / VERSILIA more
  • BAG¥13,800(+Tax) / HELEN MOORE more
  • EARRING¥8,000(+Tax) / VELATTI more
Stylist乾 千恵

「CLASSY.」や「with」などの女性誌を中心に活躍中。「普通の人が着ることができる、行きすぎないオシャレ」が信条のリアル感あるスタイリングは、業界人の間でもファンが多い。